フォークで食べれる最高に固いプリンのレシピ

固いプリンが食べたい、ただそれだけを追求して昔ながらの固めプリンのレシピをさらに固く改良した。

私は固めじゃなくて、固いプリンが食べたいんだ。フォークで食えるやつ。市販のプリンは固めの域を出ていないではないか。

固すぎてスプーンよりフォークの方が食べやすい

プリン液(A)

卵6個

砂糖大さじ3-6(甘さは好みで調整して)

牛乳200ml

バニラエッセンス 適量

カラメル(B)

グラニュー糖 適量

1 好みのカラメルを作ってプリン容器に入れる。カラメルが嫌いなら無くても良い。

2 卵に砂糖とバニラエッセンスを入れてなるべく泡立てないように切るように混ぜる。

3 牛乳は電子レンジまたは鍋で60℃に温める。

4 2のプリン液と牛乳を合わせて、茶こしで漉す。濾す回数は一回で良いが、プリンの表面の見た目にこだわる場合は2回以上こしても良い。

5 フライパンなどに水(分量外)をいれ、ぬるま湯程度のお湯にプリン容器を入れる。

正確に90℃まで湯煎する。90℃になったら火を止めて、蓋をして15分ほど放置する。

プリン容器を少し揺らしてみて、固まっていれば粗熱を取って冷やして完成。

固まってない場合は、再び90℃まで湯煎して再度放置する。

湯煎温度が重要。蒸し器や電子レンジ、オーブンを使うと温度管理が難しく、加熱しすぎの原因になる。

温度計でお湯の温度を測りながら湯煎し、90℃になったら火を止めて放置する方法ならプリン液が沸騰する心配がなく、どのようなプリン容器でもわ、わわわ安全に作れる。

普通のプリン好きに食べてもらった ところ、「いくらなんでも固すぎる」と言われてしまった。最高の褒め言葉である。

以上。

コメントする