マメオーバーフローを1年間使った感想

マリンアクアリウムを初めて1年になりました!

60センチ水槽とマメオーバーフローで始めた海水水槽ですが、このたびサイズアップすることになりました。

次の水槽は!なんとリーファー250です!水量約4倍!魚やコケに悩まされなくなるといいなぁ…

さて本題のマメオーバーフローについて。

今回、水槽サイズアップのきっかけにもなりました、マメオーバーフロー、一年使いましたが、やっぱり色々厳しい面がありました。

ガラスなのでメンテナンスが大変。

透明なガラスはおしゃれでいいのですが、照明の光をガンガン浴びる位置にあるので、もうそれはそれは凄い勢いで苔が生えます。

特に吸水パイプの奥が洗いにくい。

ホースで強固に結合されているので分解して洗うのは不可能。細いワイヤーブラシを突っ込んで、でも届かなくて取れないコケにイライラしていました。

ダウンフローパイプを落として割ってしまうことも。

コケがパイプ内に繁茂すると、ポンプからの流量も減るため、よくマメスイッチがあふれる直前で止めてくれました。

そのマメスイッチも、コケに繁茂されると固まって動作不良を起こすと言うw

なので、私みたいなめんどくさがりアクアリストにはおすすめできないマメオーバーフローでした。

毎週、かならず水槽を掃除してピカピカにするのが趣味だよ!って人にはとてもお薦めできます。おしゃれで綺麗なので。

「マメオーバーフローを1年間使った感想」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    近々マメオーバーフロー導入予定なので参考になりました(購入済)。水槽台は自作、使ってない水槽を濾過槽に、ポンプは使ってないメガパワー6090の物を流用しようかと。ポンプは揚程が厳しいので揚水しないときは新規購入予定。など、イニシャルコストは抑える工夫しているものの、拝見すると維持管理が難しそうですね。

    返信
  2. はじめまして。
    近々マメオーバーフロー導入予定なので参考になりました(購入済)。

    返信

コメントする