熱帯魚の水合わせの際、「ショップの水を飼育水槽に入れてはいけない」と言う話は本当なのか?

アクアリウムショップで熱帯魚や海水魚などの生体を購入し、家に持ち帰り。我が家の水槽へお迎えするときは、アクアリウムの中でも一番ワクワクする瞬間ですよね。

この際、生体を飼育水槽の水に馴染ませるため、水合わせを行うのが一般的です。

水合わせの方法については色々なブログや書籍で紹介されているのですが、概ね以下の通り。

  • 水槽に袋を浮かべる(温度合わせ)
  • 飼育水の水と袋の水を少しずつ混ぜ合わせる
  • 袋から生体だけを水槽に移す。

この手順で、最後の袋から生体を飼育水槽へ移す際、袋の水、つまりアクアリウムショップの水は飼育水槽に入れてはいけない、とされています。

ショップの水を水槽に入れるなと言う謎の勢力

その理由としては、アクアリウムショップの水は未知の病原体や病気が潜んでいるかもしれないから、というもっともらしい理由。

それって本当でしょうか!?

アクアリウムショップは、趣味で魚を飼っている我々とは違い、生体が商品です。

生体が死んでしまった場合、趣味の場合は悲しいね、で終わりますがアクアリウムショップの場合、生体の死は損失であり経営にも直撃です。

未知の病気や病原体の持ち込みなんて、我々の比べ物にならないぐらい気を遣っているはずです。

売るための商品ですので、多く仕入れる必要もありますよね。したがって趣味水槽よりも過密飼育ですし、濾過装置も大掛かりなものになります。

また、多くの水槽をショウケースとして揃えなくてはいけないため、飼育水を共用することもあるでしょう。

そんなシビアな生体管理を求められるアクアリウムショップの水が悪いはずないんですよね。

私たち飼育水槽の水の方が苔の胞子や亜硝酸塩やアンモニアに溢れてたり…よっぽど悪いのでは?

家庭水槽の飼育水の方がよっぽど悪い

と思いますけどね。

特に立ち上げたばかりの水槽の場合、古い水槽から水をもらうのと同じように、ショップの飼育水を種水としてバクテリアをわけてもらえると言うメリットもあります。

かと言って、買ってきた生体を水合わせもせずドボンするのは良くないのですが、

適度に水合わせしつつ、袋の水が飼育水槽に入ることに関しては過度に神経質になる必要はない

と思います。

私の場合、エビなどを除き袋に穴を開けて徐々に飼育水と自然に混ぜ合わせていくと言う水合わせをしています。

通販の場合は少し事情が異なる

アクアリウムショップ通販の場合も、もちろん魚の入っていたショップの水自体は悪くないのですが、通販の場合、一晩経過していると言う問題があります。

さすがに一晩経つと、魚が移動中にフンなどを排泄をしている可能性があるため、袋の水にアンモニアが含まれている可能性が持ち帰りより高い可能性がありますよね。

そのため、通販の生体の水はなるべく捨てた方が賢明かもしれません。

コメントする