登山装備レビュー「モンテイン ハロゲン33」880gの軽量ULザック

登山装備レビュー「モンテイン ハロゲン33」880gの軽量ULザック

初めての登山で使うザックは、なんとなく店員さんに勧められたモノとか、セール品とかを買うことが多いのでは無いでしょうか。

登山に慣れてくると、そろそろザックを新調したいなぁ〜と思ってきます。収納力や利便性、軽量性など自分の好きな山スタイルに合わせたザックを使いたくなってきますよね。

私も2つ目のザックとしてウルトラライトパッキング系ザック「モンテイン ハロゲン33」を購入しました。

現在、私が使っているザックは、モンテイン社のハロゲン33というウルトラライト系の超軽量ザックです。

モンテインは1993年創業のイギリスの登山用品メーカーで、「究極の環境でも耐久力が必要なアウトドアアクティビィティーの為に革新的で軽量・通気性を備えたウェア・バックパック・アクセサリー」が得意な分野です。特に軽量、ウルトライトの分野に強いメーカーらしいです。

モンテイン ハロゲン33 880gの軽量ザック

厳冬期のハードユースにも対応できる、軽量4シーズンマルチパック。ピッケルやアイゼンを想定した軽量設計、ZephyrFX背面システムなどを採用。

まぁ、とりあえず冬でも使える、とても軽いザックです。

背面のピッケル収納システム

ピッケルを収納する仕組みが背面に備わっています。持ち運び時に揺れたり落ちたりする心配がありませんね。側面のポケットは大きく、ポールやストックなどがしっかりホールドできます。

ハロゲン33の収納力はちょっと弱め

軽さを追及しているため、雨蓋とメイン気室のみ。見た目以上にあんまり荷物が入りません。日帰り装備でギリギリという感じです。

腰ベルトや肩ベルトもかなり細めの作りで、UL軽量化を重視した上級者向けザックですね。

もうちょっと荷物が入るザックが欲しいです。

コメントする