マメオーバーフローで構築した低コストOF水槽の完成!

マメオーバーフローで構築した低コストOF水槽の完成!

マメオーバーフローを使った、なるべく低コストで作ることを考えたオーバーフロー水槽が完成しました。中古品をうまく活用して、なんと5万円を切っています。システムとポイントを紹介しますね。

先に結論から言うとオーバーフロー水槽が欲しいなら素直に普通のオーバーフロー水槽を買った方がいいと思います笑

マメオーバーフローを使ってオーバーフロー水槽を構築してみたい!

余っている水槽やキャビネットを活用したい!

マメオーバーフローが、メルカリやヤフオクで安く手に入った!

といった状況であれば活用できる内容だと思いますよ。

マメオーバーフロー式水槽全景

こちらがマメオーバーフローで構築した水槽システムです。各システムの選定のポイントやコストをお伝えしていこうと思います。

水槽 アクロ オールガラス60cmハイタイプ水槽 5,485円(新品購入)

できるだけ水量を稼ぎたいオーバーフロー水槽なのですが、マメオーバーフローの対応限界が100リットルまで。60cm規格水槽以上になると、力不足になってくると言う罠。

少しでも水量を多くしたかったので、高さ40センチのハイタイプ水槽にしました。高さ45センチと言うのもあったのですが、奥行き30センチに対して高さ45センチってなんか高さがありすぎて大きい地震があった時、倒れやすそうだったので不安でやめました。

これ以上大きい水槽サイズになると、マメオーバーフロー1台では厳しくなるので、普通にオーバーフロー水槽システムにすべきです。

水槽台 プロスタイル600s 8,243円(新品購入)

価格と品質のバランスがいいコトブキのプロスタイル600sを採用しました!水槽台にお金をかければかけるほど、普通にオーバーフロー水槽買えばいいじゃんになってしまうのでこれが限界です。

サンプ水槽が見えてても平気ならもっと安い水槽台でも大丈夫ですよ。3000円ぐらいで買えますね。

サンプ水槽 マリーナLスリム 2,542円(新品購入)

プロスタイル600Sにジャストフィットすぎる!

オーバーフロー用の濾過水槽は高くて、普通に2,3万円します。

これを買っていると本末転倒になるので、プロスタイル600sの下に入って、なるべく大きく、かつ安い水槽を選びました。この水槽の水量は20Lなので、本水槽と合わせて70-80リットルになります。

手間をかけてオーバーフロー水槽にしている割には…実はあまり水量は稼げてない罠。実は、45cmキューブ水槽1本の方が水量があります。(91リットル)プロテインスキマーを使わないなら、大きめの外部フィルターで運用した方がどう考えても楽だし安い。

ポンプ カミハタリオ2500 5,968円(中古入手 0円)

中古で買ったマメオーバーフローについて来たので、実際は0円です。マメオーバーフロー推奨ポンプ。問題なく動作して流量も十分です。

マメオーバーフロー 19,250円(中古 購入 16,000円)

実は今回、マメオーバーフロー水槽を作ったきっかけが、このマメオーバーフローを中古で手に入れてしまったからです。。。

マメオーバーフロー、中古なら安くて1万円以下で手に入ります(罠)私はマメスキマーとのセットで16000円で入手しました。これがマメオーバーフロー沼の始まり笑

マメスイッチ 19,250円中古購入 13,000円)

結論から言うとマメスイッチは無くても大丈夫なのですが、サイフォン式オーバーフローっていうなんとなく溢れそうという不安を解消するために設置しました。新品未使用を13000円で入手しました。

ただし、マメスイッチはマメオーバーフロー専用ではなく単独で使えるフロートスイッチなので、自動給水システムに転用することもできますよ!

接続ホースなど 3,000円(新品購入)

ポンプやマメオーバーフローとの接続のためのホースは無かったので別途購入しました。

自分の場合は中古をうまく活用してなんとか、5万円以内に収まっています。(照明やろ材など、どんなシステムでも使う機材の費用は除く)

マメオーバーフローで水槽システムを作るメリット、デメリット

実際にマメオーバーフローでシステムを構築してみて感じたメリットを挙げてみます。

既存の水槽、水槽台を活用できる

マメオーバーフローがあれば既存の余ってる水槽を繋いで水量を増やしたり、サンプ水槽として大きな濾過スペースを確保できます。

大型のプロテインスキマーを設置するにはサンプ水槽が必須なため、それが余ってるなら活用できそうですね。

見た目がとても良い。水槽スッキリ

普通のオーバーフロー水槽は、水槽内に巨大な水筒が鎮座してしまいますよね。あれはお世辞にもカッコいいとは言えません。マメオーバーフローの見た目はとても良く、水槽のスペースをほとんど使いません。

マメオーバーフローで構築するべき

60cm規格水槽、サンプ用の水槽、水槽台が余っていて、小さめのオーバーフロー水槽が欲しいなと思っているならとてもおすすめです。

上記に加えて、大型のプロテインスキマーが余っていて、サンゴ水槽をもう一つ増やしたい人にはとてもマッチしそうです。

また、勢い余って中古のマメオーバーフローを手に入れてしまった人はこの記事を参考に低コストで構築してみてください。

水位差さえあれば、水槽が横に置いてあっても繋ぐ(サイドフロー方式)ことができるのはマメオーバーフローだけのメリットです。

水槽が二つ並んでいる状態で、隣の水槽を全部濾過層にしてみる、エビ専用、水草専用、繁殖専用、リフジウム水槽にする、と言うような遊びもできますね。

既に大きなメイン水槽があるのであれば、その隣に少し低い水槽台と水槽を置いて、メイン水槽の濾過システムを流用しつつ飼育水槽をもう一つ増やす(総水量を増やす)という使い方も可能です。これは面白そう。

マメオーバーフローで構築すべきではない人

新たにオーバーフロー水槽システムを作りたいなら、普通のオーバーフロー水槽を第一に検討すべきです。すべきだった。

マメオーバーフローシステムを全て新品で揃えると、結局10万円近くかかり、格安オーバーフロー水槽と比べるとあまりコスト面でのメリットがありません。私のように中古をうまく探せば7,8万で作れるかも…。

60cm × 45cm以上、90cm以上の水槽サイズを置く予定であれば、マメオーバーフローではもう力不足になります。普通のオーバーフローシステムでないと水量に対応できません。ちなみにマメオーバーフローを二つ使うという手段もありますが本末転倒になるので。

マメオーバーフローを検討している人の参考になれば嬉しいです。さて、次はリーファー170を買いますか!!!

コメントする