映画「チャッピー」ネタバレ感想とツッコミ集 AIの成長を描く物語だけど重いところはなかったよね

映画「チャッピー」ネタバレ感想とツッコミ集 AIの成長を描く物語だけど重いところはなかったよね

映画「チャッピー」を見ました。「第9地区」の監督ニールブロムカンプによる南アフリカヨハネスブルグを舞台にしたSF作品。

こんな内容を期待する人にオススメ

最新のAIロボットとギャングの泥臭い人間がドタバタ協力しながらドンパチするSFドラマ。全米は泣かない。

こんな内容を期待すると裏切られる

AIは人間を超えられるのか…ギャングの世界で生まれたロボットが学んだ「本当の愛と自己犠牲」とは…!?

良かったポイント 初っ端から見やすい展開

AIロボットの成長を描く物語的な紹介だったので、「アイ、ロボット」みたいなエンジンが温まるまで時間のかかる映画かな〜と思ったのですが、「第9地区」と同様にテンポの良い展開ですぐに話に引き込まれてしまいました。

ストーリーも大変わかりやすく、登場人物の顔も死ぬほどわかりやすいのですぐ覚えられます!

ヨハネスブルグの悪いイメージそのままの舞台

日本人にとって南アフリカのヨハネスブルグといえば危険極まりない場所というイメージですが、本作でもそのまんまの舞台設定です笑

街中はギャングが蹂躙跋扈しておりまさに時代は世紀末、あまりにも治安の悪さにロボット警官が導入された!という導入に「あ〜ヨハネスブルグならありえるよね」って思ってしまうよね!

ギャングの一味が昔の治安の悪さで有名になったポンテタワーにアジトを構えていたり、監督は自らの出身地である南アフリカ、ヨハネスブルグのイメージアップには興味がないのだろうかと思ってしまいました。

すごいハイテクなロボット開発してる会社なのに割と90年代感のある地味な内装のオフィスとか。

赤子として誕生したチャッピーの成長に伴う葛藤?が深く描ききれてない感

チャッピーは「アイ、ロボット」とは異なり、初回起動時は人間の赤ちゃんと同じ状態でした。

そういう設定なら、人間の精神的成長と同じように酸いも甘いも経験しながら大人になっていくような描写を期待するじゃないですか。

しかも仮親は生きるために悪の道を選んだ外道、(たぶん)エリート階層である創造主のディオンと交わした約束や「ロボットの三原則」との狭間で苦しんだり、ロボットと人間の確執に苦しんだりするんかな?と思うじゃないですか。「ボクはニンゲン…じゃないの?」とか

ほら、ポスターでもこんなノリやん?何かを乗り越えて成長し、「AIは人間を超えられるのか…?」的な展開を期待させておきながら

でもそういう深いところ、無くは無いけど相当軽く流した感じ。「黒い羊」の絵本のくだりとか色々思わせぶりなところはあるけど、まぁ所詮ロボットはロボットだよねーぐらいの感情移入に留まるノリでした。

「アイ、ロボット」の方がアクション映画しながらもその辺しっかり追い込んでいるのでそういう系が好きな人はそっちなんだろなと。そういうの期待すると評価も落ちるんだろうなと。

言うてもチャッピーは暴徒鎮圧用に作られたロボットなので、戦闘性能は高いのです。しかしギャングとの共同生活は割と地味で、ロボットの超性能を活かしてヒャッハーするような展開は無いやん。

かと言ってギャングがチャッピーの暴走や扱いに困るという点も無い。チャッピー、ギャングに育てられてる割には意外と良い子に育ってないか。

ギャング生活上の過失とは言え、勢いで人を殺めてしまった…ウワァア!僕に生きる価値はあるのだろうか?とか、そう言うのも無いのね。

親に対してちょっとだけ反抗期的な所も見せたりもしますがお利口の中学生レベルやん。やっぱりチャッピーって根は良い子なのね。

後半の超展開にビビる

特にこれと言った印象的な描写もないままに、急にチャッピーが人間を超越した知能を持ち始めます。PS4でGPUクラスターを組んで精神のシミュレーションとか、お前いつの間にそんな賢くなったんだ。

インターネットに自己を接続させて急速に学習を進めたり、そんな超機能あるなら前半の成長のくだりあんまし意味なく無い?(子供だから理解できなかった?)

衝撃のラストシーン

「君を救う」ってえーっそっちー!?まさかのディオン転送。そっちが救われるの?AIの物語だったのに急にもっと凄いことやるやん!

ってかチャッピー、いつバッテリー無くなるねん。無くなりそうになってから割と持ってるやん。

最後のバッテリーを使って自分ではなく創造主であるディオンを救うよ…自己犠牲をAIが…じゃなくて自分もしっかり助かってるやん。

めでたしめでたしやん。

ついでにママ(ヨーランディ)も助かってるやん。

人間がロボットに意識が移ったらもうこの世界では生死を超越できたという事やん。サラっと凄いことするよな。

ディオンとママ(ヨーランディ)は今後色々と大変そうなんだけど細けえこたぁええんだよ!という終わり方でした。

でもまぁ、テンポは良かったので見終わった感想は面白かったかな!と!最後まで楽しめましたよ!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。